yakateru ギターの本棚

埋もれているギター作曲家

フランシス・クレンジャンス

この「埋もれているギター作曲家」コーナで最初に取り上げるのは、F.クレンジャンスです。
先日、フォレストヒル大発表会で三良先生と弾いた「カノンとアリア NO1,NO3,NO4」に続いて、2021.6の発表会では残りのNO2,NO5をご披露しようと練習中です。
5曲ともとても素敵な曲ばかりです。最初は、とつきにくかったNO2も弾いてみると、とても心地いバッハ風の曲。
ということで、クレンジャンスの曲を集めてみようと思い、楽譜を探すと、「アウラ」さんの楽譜検索で山のように出てきました。しかし、どのような曲かなと思い、CDを探すこと、これが、ほとんどCD化されていない。また、ユーチューブで検索しても、先ほどの「カノンとアリア NO4,NO5」ぐらいが、フルートとの二重奏で少し出てくるぐらい。ギター協奏曲を調べている時も、クレンジャンスのギター協奏曲は第1番、第2番と2曲はあるのですが、音源はない。楽譜は売っていて直ぐ買えるのに。
ということで、しばらくは、クレンジャンスについて調べてみようと思います。

ご感想など承ります

PAGE TOP