yakateru ギターの本棚

お知らせ(ライブ・演奏会、楽器紹介 等)

お知らせ・ニュース(2021.06.13更新)

ギターに関連する情報(例えばコンサート情報等)を逐次掲載します。特に、私yakateruがでる発表会やライブが中心になりますが・・・・
なお、イベント等の情報は、私の住んでいる福岡が中心になると思います。

▼フォレストヒル発表会【終了いたしました】
日時:2021年6月12日(土)13:00-17:00
会場:九州キリスト教会館 4F礼拝堂
フォレストヒル教室の発表会です。今回も三良先生との二重奏でチャレンジ。曲は、クレンジャンスの「ロマンスNO1」、アリアとカノンから数曲演奏しました。
なお、発表会後は、同会場で、松田玄さんのギターコンサートが催されました。

▼ 縦石ギター教室発表会 【終了いたしました】
日時:2021年6月20日(日) 13:00- 15:00
場所:西南大学 コミュニティセンターホール
松本富有樹ギター教室と縦石ギター教室の縁で、演奏させてもらえることに。私めの演奏曲目は、クレンジャンスの「ロマンスNO1」「アリアNO4」を演奏しました。

▼ 加藤ギター教室発表会【終了しました】
日時:2021年6月27日(日)13:00-
場所:「もも庵」(最寄り駅:地下鉄箱崎駅)
毎年出させてもらっています。今年は、ソロで、バッハの「チェロ組曲第6番プレリュード」と、アルベニスの「カタルーニャ奇想曲」を、また、加藤先生を加えた三重奏とソロでを演奏しました。

▼ 島村楽器 檀アサンブル発表会(現時点では、中止の可能性大です)
日時:2021年7月23日(金) 時間未定
場所:島村楽器 筑紫野店
壇遥先生指導のもと、おやじ10数人で結成されたギターアンサンブルチーム。久しぶりの発表会です。

▼ 大萩康二 公開マスタークラス受講
日時:2021年8月2日(月)時間未定、場所未定
フォレストヒル主催のマスタークラスです。受講曲は未定です。

▼ 第65回 九州ギター音楽コンクール
日時:2021年8月15日(日) 時間未定
場所:あいれふホール
今年は、録画による応募と審査となりました。私yakateruは、「シニア部門」で、応募してみました。エントリー曲は、「スペインのフォリアによる変奏曲とフーガ(M.ポンセ)」より、テーマとフーガです。

【その他のご案内】
▼中山ギター工房 新作2020ギターのご案内
バンブーギタ製作家で知られる中山修氏の新作ギターを昨日(2020.09.27)弾いてきました。さらに、すばらしいギターが出来上がっています。ご興味ある方は、ぜひ、福岡県久留米市城島の中山工房まで。
①表板シダーのバンブーギター:バンブーギター特有の繊細で美しい響きを維持しながら、しっかりした響きがあります。いつもの迫力ある低音弦の響きに加え、高音弦もすっと飛んでいくような伸びのある響き。バランスと音の分離と大きな音量の三拍子そろった名器の誕生です。
②表板まつ、横・裏ハカランダのギター:ラミレス工房で修行された中山氏の本領発揮のギター。スペインを思わせる甘く厚みのあるしっかりした音が特徴です。
その他、オールバンブーのギター、表板杉:横裏板ハカランダのギターのあわせて4本の新作ギターです。
終了いたしました
縦石発表会の演奏シーン(松本先生と)
加藤教室発表会の演奏シーン

「エピソード大賞」に応募し、「とりあえずHP賞」受賞しました!!

このHPの管理会社「とりあえずHP」のイベントで、「エピソード大賞」に次の作文で応募しました。1月28日に1次予選の発表があり、ノミネート候補に残っていました。本日(2021.2.26)、最終選考で「とりあえずHP賞」を受賞しました!!

コロナ過の中で見つけた喜び、クラシックギター愛好家へ応援メッセージ

クラシックギターを弾き続けて50年。若い頃は、プロも目指したこともありましたが、土木のロマンにも魅力を感じ、趣味でギターを弾きつつ建設業界に身を置き、30数年国土づくりに邁進してきました。定年後は、再びギター三昧の生活に身を置き、演奏会やライブ活動等での音楽の世界を堪能しながら第2の人生を楽しんでいました。

ところが、このコロナ過! ギター仲間と集ってやっていた活動の多くが中止になってしまうはめに。三密があってこそのライブの良さでしたが、仲間も多くが高齢者なので、自分から遠慮したり、家族から止められたりと、ほぼ、活動停止状態に。ただ、そのころまでには、演奏会・ライブ200回、動員数5,000人の定年時に決めた目標はほぼ達成していましたので、これを契機に、むしろ、これまでため込んでいたギターへの想いを書き綴っていた文章等を整理し、ギター仲間に届けたいという思いで自分のホームページを立ち上げることに方向転換しました。ただ、数年前にもホームページ立ち上げようと思ったことがありましたが、パソコン音痴のこともあり、悪戦苦闘のうえ断念した苦い経験がよみがえったのですが、「とりあえずHP」というサイトに出会うことができ、難なく開設できることができました。開設さえできれば、あとは得意のアイデアを生かしながらのコンテンツ作りを始めたのが、コロナ過真っただ中の20208月です。これが、ギター演奏やライブと同じように楽しいのです。そして、また応援者・支援者も表れてくれ、思った以上に充実したHPに育っていきました。そのHPの自慢の一つは、ギター仲間のうちでもほとんど日が当たらない「ギター協奏曲」という分野のギター曲を片っ端から聴いてこの短期間でつくりあげた「ギター協奏曲300曲選」のコーナー。専門書やネットで検索しても100曲どまりの状況を知り、国内・海外のネット情報を読み漁り、中古CD等を購入しまくり(政府からいただいた10万円を使い)、リストとして整理したものです。情報を集めている時には、ギター専門店の店長さんから「こんなギター協奏曲もあるけど知っていますか?」とサポートしてもらいました。もう一つの自慢が、一枚の写真からギター曲を思い浮かべるコーナ「1枚のPhotoとギター曲」コーナーです。大学時代のギターサークルの先輩で大学の美術の教授先生から送ってもらった写真や、寿司屋で知り合った郷土のカメラマンの方から写真を送ってもらい、あっという間に魅力的な写真が100枚以上も集まりました。写真を送ってもらう都度、一枚一枚に、思い浮かんだ曲とそのわけをコメントするのですが、この作業のなんと楽しい事このうえなし。ということで、いろいろと楽しみながらコーナーを増やしていったら、開設するときに目標としていたアクセス数5,000回を先日達成することができました。

確かに、このコロナ過では多くの生活行動が制限されてしまいました。特に、音楽演奏という分野での影響は甚大です。たまたま、すでに年金生活者となっていることで生活上への支障は多くはありませんが、生きている喜び・楽しみの多くを奪われることになっていたはずですが、このHP開設という手段のおかげで、思いかけない楽しい時間を作り出すことができました。今も、さて次はどんなコンテンツを作ろうかとワクワクしながら過ごしています。

「エピソード賞」受賞しました!!

yakateruギターの本棚 アクセス数の状況

2020.8.18日に「yakateru ギターの本棚」のHPを開設して以来、皆さんに見ていただいて感謝です。
2021.06.03の時点で、アクセス数10,000に届きました。
これからも地道に更新・新規掲載に努めますので、時々、覗いてください。
よろしくお願いします。

「100枚の写真とクラシックギター曲」が本になりました

掲載している「100枚の写真とギター音楽」が、立派な本になりました!!作っていただいたのは、写真を提供いただいた河地先生(大学の美術科デザインをご専門の名誉教授)です。
表紙も、私のケビン・アラムのシルエットを使っていただいて、めちゃかっこよい表紙になっています。
また、内容も、写真、コメント、楽譜の配置も一つ一つ丁寧に配慮されています。
市販に耐えうるような豪華本ですが、残念ながら販売までは。
申し訳ありませんが、表紙と内容の写真のみの掲載とさせてもらいます。

福岡出身のギター界の星、加藤優太プロのニューCD リリース開始です

待ちに待った、待望の加藤優太プロによる盛り盛りだくさんのCD,遂に発売開始!

Homenaje a la Guitarra / Yuta Kato
ギターへのオマージュ/加藤優太

価格:¥3,500+税(2枚組)
お問い合わせ:スタジオクオッカ
080-5609-3455 / info@studioquokka.com

▼ CD 曲目
PDFファイルを表示

前田バンブーギター 新作紹介

納得のバンブーギターのご紹介
改良に改良を重ね、悩みに悩み続け、ひとつのの答えになるようギターが完成しました。表面板はシダー(杉)ですが、側面、裏板等はバンブーで作り上げた逸品です。今回は、あえて塗装は施さず、竹の自然な肌触りの仕上げにしたところ、竹ギター本来の透明感のある音質に加え、シャープさのあるキレのいい音を出すことに成功しました。
一度、試奏してみてください。工房でお待ちしています。
▼希望価格25万円

ご興味のある方は、「六弦精舎 前田バンブーギター工房」のHP等より、前田氏にご連絡ください。「六弦精舎 前田バンブーギター工房」のHPは、このHPのリンク先から飛ぶことができます。

「南方の土:藤原隆幸著」のご紹介

昨日(2020.10.29)、Brisa doの鮫島ママとペペ伊藤さんのライブで知り合った藤原さんの本のご紹介です。
私と同じ学年の藤原さんが、お父さんの話として戦時中の出来事、思い出、伝え聞かれたことを本にされたものです。
全く語られてこなかったフィリピン、ホロ島での悲惨な出来事を伝えたいというお気持ちもあったということです。
テーマは、重たいのですが、とても読みやすい文体で、すっと頭に入ってくることも魅力です。ぜひ、ご一読をお勧めします!

問い合わせ先:藤原隆幸 TEL:090-3978-3401
(本の後付けに記載されています)
表紙
後付け

掲載予定の項目

皆さんの役立ちそうな情報等があれば、その都度、掲載していきます。当面の予定は、次の通りです。

1.雑誌「Gutar dream」の特集連載記事の紹介
「ソルの生涯」「バリオスの生涯」「リュート、ヴァイス家の紹介」「バッハのリュート作品解説(掲載済)」「ジュリアン・ブリームの若き日(掲載済)」「ギターから見たスペインの内戦(掲載済)」等。
2.2021年、365日毎日1曲ギター協奏曲
「ギター協奏曲300選」のリストと記載事項をベースに、2021年1月1日から毎日1曲づつ、曲を聴いて浮かんだ思いを書いていこうとするものです。

以上、よろしくお願いします。
スペイン旅行のひとコマ。クリックで拡大します

ご感想など承ります

PAGE TOP